糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病になると、様々な合併症を併発することが知られています。その中でも三大合併症と呼ばれているのが「腎症」「神経症」、そして「網膜症」です。

網膜症は中途失明の原因第二位になっている病気ですので、まだ自覚症状が出ていない場合でも、糖尿病の方は必ず定期的に眼の検査を行い、適切な予防や治療を受けるようにしてください。緑内障と同じで自覚症状が出てきた時は進行した状態で見つかることが多く、視力が元に戻らないこともあります。

糖尿病網膜症の進行段階と治療

糖尿病網膜症は、進行するに従い「単純糖尿病網膜症」「増殖前糖尿病網膜症」「増殖糖尿病網膜症」と名前が変わっていきます。

単純糖尿病網膜症

小さな眼底出血や白斑が見られますが、自覚症状はありません。この段階では治療の必要はありませんが、2〜3ヶ月に一度は検査を受けて経過観察することが重要です。

増殖前糖尿病網膜症

網膜の血液の流れが悪くなります。ただし、視力が低下しないこともあるため、なかなか自分では気づきません。早期に発見し、血流不足で酸素や栄養が行き届かなくなった部分にレーザーを照射します。

増殖糖尿病網膜症

さらに進行すると、眼内に広く出血する硝子体出血や増殖膜ができ、牽引性網膜剥離、血管新生緑内障などを引き起こします。レーザー治療に加えて、硝子体手術を行うこともあります。

糖尿病黄斑浮腫

網膜の中でも特に視力に関係する「黄斑部」に血液成分が染み出て、むくみが生じた状態を「糖尿病黄斑浮腫」と言います。これが起きると急に視力が低下しますので、レーザー治療や硝子体内注射、硝子体手術などによる治療が必要です。

お問い合わせはお気軽に

眼科のことでお悩みでしたら、東松山市にあるみやざき眼科まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

b_telbn.png
診療時間はこちら
b_spbn01.png
診療時間