白内障手術

白内障とは

白内障とは、眼の中にある水晶体(レンズ)が白く濁る病気です。光が水晶体を通過し、網膜に到達することで、私たちは「映像」として認識することができます。
しかし、水晶体が濁ってしまうと、カメラのレンズが曇った時のように物がかすんで見えたり、光が散乱したりするようになります。

白内障の主な症状
  • ●白くかすんだように見える
  • ●光がまぶしく感じられる
  • ●夜間や雨の日は特に見えにくくなる
  • ●メガネやコンタクトレンズを変えても視力が上がらない
  • ●物が何重かにダブって見える
  • ●視力が低下してきた

白内障の治療

一般的な視力検査はもちろん、細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)と呼ばれる機器を使い水晶体の濁りを調べます。
日常生活にそこまで支障が出ていない段階では、目薬などで治療を行い病気の進行を遅らせます。しかし、仕事や車の運転などに支障が出てきた場合には手術をすることになります。

日帰り手術について

白内障の手術は、ほとんどの場合、日帰りで実施できます。当院の場合は麻酔科専門医が立ち会って、全身状態を管理しながら手術を実施しますので、ご高齢で健康状態に不安がある方も安心して治療を受けていただけるかと思います。また、眼を切開するのはわずか2.5mm程度で、手術時間は通常10分程度です。濁った水晶体を超音波で粉砕し取り除き、その後に人工眼内レンズを挿入する処置を行います。

眼内レンズについて

白内障の日帰り手術で挿入する眼内レンズは、半永久的にご使用いただけます。一般的には「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」がありますが、当院では患者さんの治療費負担を減らすため、保険診療内で行える「単焦点レンズ」を使用しています。

※多焦点レンズをご希望される方には手術可能な施設をご紹介いたします。

お問い合わせはお気軽に

眼科のことでお悩みでしたら、東松山市にあるみやざき眼科まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

b_telbn.png
診療時間はこちら
b_spbn01.png
診療時間