オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは

近視でお困りの方は、メガネやコンタクトレンズを装着することで視力を矯正します。しかし、仕事やスポーツなどの事情で、メガネやコンタクトレンズを使用するのは難しいという方もいらっしゃいます。

また、日中の眼の疲れが気になるため、できるだけ裸眼で過ごしたいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方にお勧めしたいのが「オルソケラトロジー」です。これは、就寝時のみ装着する特別なコンタクトレンズで、日中は何も使用せずに視力が矯正された状態が続きます。

※本治療は自由診療になります。料金など詳しい説明を聞きたい方は当院までご連絡ください。また低料金でお試しができますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。

オルソケラトロジーの仕組み

近視の方は、光の焦点位置が網膜よりも手前になっており、映像が歪んで見えます。そして通常のコンタクトレンズやメガネは、眼の外部に人工的なレンズを用意することで、焦点がきちんと網膜の上で結ばれるようにします。


一方、オルソケラトロジーは角膜の形状を変化させることで焦点距離を調整します。装着中は角膜に力が加わり、網膜上に焦点を結べる理想的な形になっていきます。レンズを外した後も、しばらくその状態が続くため、日中は裸眼で過ごせるというわけです。ただし、次第に角膜は元の状態に戻っていくため、夜はまたレンズを装着して寝ていただくことになります。

 オルソケラトロジー使用の流れ

適応検査

まずは眼の状態を詳しく検査し、オルソケラトロジーが使用可能か、何か眼に異常はないかを調べます。

※矯正できる近視の範囲があります。

トライアルレンズの貸出

その方に合ったレンズの度数を測定し、装用練習を行います。装脱が十分できるようになられましたら、トライアルレンズを貸出しまして、1~2週間お試しいただけます。

オルソケラトロジーレンズ購入

トライアルレンズで効果を納得された方はオルソケラトロジーレンズを購入していただきます。十分な効果が得られなかった場合にはレンズの度数を変更して再度お試しをしていただきます。それでも十分な効果が得られなかったり、副症状が出現した場合にはレンズを返還していただき終了になります。(副症状で治療が必要な場合は治療を行います)

毎日レンズを付け外し

毎日寝る前に装用して、朝起きたらレンズを外す、を繰り返していただきます。

日中は裸眼のまま過ごすことができます。

定期検査

正しく安全にお使いいただくために、オルソケラトロジーの使用を開始した後も必ず定期的に検査を受けてください。

来院頻度などは治療開始前に詳しく説明致します。

お問い合わせはお気軽に

眼科のことでお悩みでしたら、東松山市にあるみやざき眼科まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

b_telbn.png
診療時間はこちら
b_spbn01.png
診療時間